1. トップ
  2. インターハイ
  3. 2008年度情報
  4. 7月30日(水)個人戦 決勝ラウンド
2008年度 彩夏到来 08 埼玉総体
7月30日(水)個人戦 決勝ラウンド
7月30日(水)
おはようございます。

今日の宮代町も暑い夏の1日が始まっています。

昨日は最後に、男女決勝ラウンドの組み合わせ表をアップしようとしたら、またトラブルで断念しました。

下の団体・個人の組み合わせ表をごらんください。

個人男女決勝ラウンドの1組目は、8:40にスタートしました。

また、トラブルでアップ出来ませんでした。

まもなく1回戦1組目の結果がアップできるはずですが、不安です。(9:37)

不安が的中し、お手上げでした。

やっと回線がつながり、1回戦の結果をアップできます。(11:20)

昨日と同様、雲が出てきて暑い日差しをさえぎっています。

1・2・3回戦は、4分6射×2エンドという競技方法です。3回戦からは1人1的になります。

準々決勝戦からは、3射4エンドを、1射30秒以内に交互行射します。

いずれにしても、1射が勝負を左右する、スリリングな展開が繰り広げられていきます。

2回戦の結果をアップします。(11:53)

3回戦の結果をアップします。
男女とも、勝ち残っている選手たちはすべて入賞者ということになります。
さらなる高みに昇っていくのは、はたしてどの選手でしょうか?
準々決勝戦は、12:45の開始予定です。(12:15)

準々決勝戦の結果をアップします。
この対戦で、いくつもの波乱が起こりました!

まず、女子では大会新記録を更新した図師未希絵選手(山陽女学園)が敗れました。
1エンド目のミスショットが響き、108点を射った岡本章子選手(近大付属)の完勝でした。

男子でも、予選1位の望月洸太選手(浜松北)が、41位から勝ち上がった前野修吾選手(高志館)に1点差で敗れました。
また、2位の松木平開選手(常翔学園)も、渡邉祐樹選手(大村工業)に敗れました。
まさに短期決戦の厳しさです。

これでベスト4が決まりました。(13:45)

先ほど高円宮妃殿下がお見えになりました。3位決定戦および決勝戦をご観戦される予定です。

準決勝男子では、同じ大村工業同士の対戦となり、渡邉祐樹選手が楠本記也選手を2点差で破りました。
もう一方の対戦では、前野修吾選手(高志館)が山本真也選手(東海)を破りました。

女子は、全員が近畿ブロックの選手となり、決勝進出は岡本章子選手(近大付属)と藤井千裕(同志社女子)となりました。
惜しくも敗れた、大江玲奈選手(大津商業)と松永安紗子選手(甲南女子)は3位決定戦に回ります。(14:50)

3位決定戦が行われました。
男子は1点差で楠本記也選手(大村工業)が、女子は松永安紗子選手(甲南女子)の3位が決定しました。(15:05)

決勝戦がおこなわれ、男子は渡邉祐樹選手(大村工業)が92点で、前野修吾選手(高志館)86点を下しました。

女子は岡本章子選手(近大付属)が95点で、藤井千裕(同志社女子)77点を破り、栄冠を手にしました。

3位決定戦と決勝戦の結果が掲載されたPDFは、のちほどアップする予定です。(15:40)

優勝が決定した直後、高円宮妃殿下は選手たちのところへ歩み寄られ、祝福とねぎらいの言葉をかけていただくシーンが見られました。

昨日同様、午後から吹き出した風が強まり、左に流される矢に、選手たちはずいぶん悩まされたようです。

ただいま表彰式が行われています。

本日の確定記録をアップします。(16:24)
ダウンロード
個人男女決勝1 [192KB]
個人男女決勝2 [480KB]
※各書類をご覧いただくには、Adobe Acrobat Reader が必要です。Adobe Acrobat Reader は下のダウンロードバナーから無料でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらから