1. トップ
  2. 専門部情報
  3. 概要
概要

(公財)全国高体連アーチェリー専門部は、昭和37年に近畿で高校生を対象に「近畿総合体育大会」が開催された事に端を発します。

その後、昭和43年「第1回全国高校アーチェリー競技会」が東大阪市で開催され第3回からは名称を「全国高等学校アーチェリー選手権大会」と改め現在に至っております。また、昭和46年には、組織の名称を「全国アーチェリー連盟高校部」とし、全国高体連加盟に向け組織の充実、登録数の拡大、選手育成にと努力を重ね、昭和63年5月ついに全国高体連への加盟が承認され、現在の「全国高体連アーチェリー専門部(以下、全高ア専)」に至っております。

全高ア専では、夏に「インターハイ(全国高校総体)兼全国高等学校アーチェリー選手権大会」と、春に「JOCジュニアオリンピックカップ・全国高等学校アーチェリー選抜大会」を開催し、毎年優秀な選手を世界ジュニアー大会大会や全米選手権大会に派遣しています。昭和63年当時高校生であった甲府第1高等学校の生徒であった中込恵子選手が日本代表としてオリンピックに参加した事は記憶に新しいところであります。
その後も全高ア連から巣立った選手が日本代表としてオリンピックや世界大会に出場して活躍しています。しかしながら、日本の実力が世界から遅れを取っていることも事実であります。そこで我々は、世界に通用する選手育成のため頑張りたいと思います。

また、我々が担っているものにもう一つ重要な事があります。それは、他の種目と異なりアーチェリーは大半の生徒が高校に入ってから競技を始め、スタートが皆同じになるため、それまで運動クラブの経験のなかった生徒も比較的容易に始めることができると言うことであります。

それまでスポーツと無縁であった生徒にアーチェリーを通じて何か一つでも伝えることができればと考えています。