1. トップ
  2. 専門部情報
  3. 服装規定
服装規定
Ⅰ ユニフォーム
※1チーム内で上衣・下衣が統一されていること。
1.上衣
    (1)ユニフォームには、学校名および都道府県名をそれぞれ一か所ずつ明示し、学校名は背面もしくは前面、都道府県名は右の袖口とする。※2その他の名称等は表示してはならない。なお、いずれも弓具装着時に視認できる位置とする。
    (2)同一デザインであれば長袖・半袖の混在は認める。
    (3)裾は下衣の中に入れる。 
2.下衣
    (1)男子は※3スポーツスラックス又は※4ショートパンツとし、女子はスポーツスラックス又はスカート、ショートパンツを着用する。
    (2)無地(単一色)であること。
    (3)スラックス、ショートパンツ、スカートの混在は認めない。
Ⅱ 靴、靴下
1.靴
※5アーチェリーに適した運動シューズとする。
2.靴下
スポーツに適した靴下とする。
Ⅲ アンダーウエア
視認できる場合は以下のとおりとする。
1.上衣:※6チーム内で統一する。(長袖、半袖、非着用の混在は認める) 
2.下衣は※7視認できる場合は認めない。
Ⅳ 帽子
チーム内で統一されていること。着用、非着用の混在は認める。
Ⅴ 監督
1.上衣は選手と同じであること。
2.下衣は上記規定を厳守することが望ましい。
3.靴は運動シューズとする。
Y その他
1.大会の場にふさわしくない服装は認めない。
2.視認できる部分の商標の大きさの基準は20cu以内とする。
Z 上記の規定外の服装に関しては、競技委員長の裁定に委ねる。
※1 チームとは 登録選手、補欠選手、マネージャー、および監督とする。
※2 その他の名称等:部(クラブ)名、クラブの愛称、校章等。
※3 スラックスとは、ボタン・ファスナー等の「前閉じ」があり、ポケットについては内ポケットであること。オーバーサイズ、バギーパンツ、スウェット、カーゴタイプ、デニム地のものや、股下以下の所にポケット類があるものは認めない。
※4 ショートパンツは競技者が腕をたらした時に指先より長く、かつ膝頭が見えること。
※5 靴はカジュアル、ダンス等の競技に適さないと認められるものは使用できない。
※6 メーカー、色、デザイン(生地の色と異なるライン(ステッチ)可)が同じであること。
   商標はワンポイント程度まで。着用に関して、ハイネックも可。
※7 ショートパンツの下からはみ出ている状態、または、ショートパンツの下でタイツのように着用することはできない。
競技部 競技委員会 細則
昭和62年2月11日改定
平成 5年3月26日改定
平成 8年7月31日改定
平成12年8月 8日改定
平成17年8月10日改定
平成21年3月25日改定
平成25年3月25日改定
平成31年3月25日改定